Make ReservationEnglish Reservation

本多 誠一ご挨拶

私がスペイン料理に出会ったのは、21世紀が幕開けする頃。フランスでの修業の最後の土地、フランスバスクにいた時のことでした。
スペイン料理の知識が何もない中で、修業の合間に旅したスペインバスクで衝撃を受けたことを、今でもはっきりと覚えています。
全ての食材のクオリティーの高さと、それを生かしきった料理の数々。
自分が歳を重ねながら作りたいものは、こんな料理なのではないかな?
これまでフランスバスクで見たり食べたりしてきたものは何だったんだろう?
スペインバスクこそ、自分が求めていた真のバスクなのでは?
そんな疑問を抱いた時期と、世界がスペイン料理界の素晴らしさを発見し、スペイン料理界が世界中から脚光を浴び始めた時期がまさに重なりました。

スリオラという店名は、私が過ごしたスペインのサンセバスティアンにある海岸の名前です。
毎日情熱を持って仕事に向かい、すべての仕事が楽しくて、あっという間に過ぎてしまった9年間のフランスとスペインでの修業の日々。 そんな当時の気持ちをいつまでも持ち続けられるよう、あの時 一番心に残った場所を店名にしました。
また、私はスペイン料理以外からも多くのものを学びました。
フランス料理に憧れ21歳で渡仏。フランス、スペインからの帰国後は、東京最高峰の一軒でもある日本料理屋でも研鑽を積みました。
私が作るスペイン料理にはそんな経験が顔を出すこともあると思います。
そのすべてが皆様の満足へとつながるよう、日々〈スリオラ〉の料理を作ってまいります。

オーナーシェフ 本多 誠一


information メディア掲載情報

MORE INFO>>